七尾鹿島消防本部
消防本部消防団防災情報講習・試験案内申請・届出用紙年報・統計

心肺蘇生法


 けがや病気の中でも最も重篤で緊急を要するものは、心臓や呼吸が止まってしまった場合です。
 ついさっきまで元気にしていたのに、突然、心臓や呼吸が止まってしまった……。
このような人の命を救うために、そばに居合わせた人ができる応急手当が心肺蘇生法です。

大切な人の命を救うために普通救命講習を受講して、心肺蘇生法を身につけましょう。

 

心肺蘇生法の手順

1.反応の確認

 傷病者の肩を叩きながら、大きな声で「大丈夫ですか」など呼びかけて、反応があるかないかを確認します。



反応の確認

2.助けを呼ぶ

 反応がなければ、大きな声で「誰かきてください!人が倒れています!」と周囲に助けを求めます。
 協力者が来たら、協力者に119番通報とAEDを持ってくるよう依頼します。



119番通報の手配



AEDの手配

 傷病者が小児(約1歳以上約8歳未満)または乳児(約12ヶ月まで)で、救助者が1人しかいない場合は、119番通報とAEDの手配はあとまわしにして、まず2分間の心肺蘇生法を先に行います。
 その後に119番通報を行い、引き続き心肺蘇生法を続けます。



3.呼吸の確認

 傷病者が普段とおり呼吸をしているかどうかを確認します。

 傷病者のそばに座り、10秒以内で胸や腹部の上り下がりを見て普段通り呼吸をしているか判断します。

 次のいずれかの場合には、「普段とおりの呼吸なし」と判断します。
 
  胸や腹部の動きがない場合
  約10秒間確認しても呼吸の状態がよくわからない場合
  しゃくりあげるような、途切れ途切れに起きる呼吸がみられる場合



呼吸の確認

 反応はないが正常な呼吸をしている場合は、傷病者を回復体位にします。
 下あごを前に出し、上側の手の甲に傷病者の顔をのせる。さらに、上側の膝を約90度曲げて、傷病者が後ろに倒れないようにします。



回復体位

4.胸骨圧迫(心臓マッサージ)

 傷病者に普段とおり呼吸がないと判断したら、ただちに胸骨圧迫を開始し、全身に血液を送ります。

 胸の真ん中を、重ねた両手で 「 強く、速く、絶え間なく 」 圧迫します。

       
          
           胸骨圧迫(心臓マッサージ)                  胸骨圧迫の姿勢

 胸の真ん中(乳頭と乳頭を結ぶ線の真ん中)に、片方の手の付け根を置きます。 
 他方の手をその手の上に重ねます。

両手の置き方

 肘をまっすぐに伸ばして手の付け根の部分に体重をかけ、傷病者の胸が少なくとも5cm沈むほど強く圧迫します。
 1分間に少なくとも100回の速いテンポで30回連続して絶え間なく圧迫します。
 圧迫と圧迫の間(圧迫を緩めるとき)は、胸がしっかり戻るまで十分に圧迫を解除します。
 

       両手の組み方と力を加える位置                  垂直に圧迫する

 傷病者が小児(約1歳以上約8歳未満)の場合、手順や圧迫の位置、圧迫のテンポは成人と同じです。
 圧迫の強さ(深さ)は、子どもは体格が違うので胸の厚みの1/3を目安として、強く、速く、絶え間なく圧迫します。
 圧迫の方法としては、子どもの体格に合わせて十分圧迫できるなら、両手でも片手でもかまいません。



小児への胸骨圧迫(心臓マッサージ)

 傷病者が乳児(約12ヶ月まで)の場合、手順や圧迫のテンポは成人や小児と同じです。
 圧迫の位置は、左右の乳頭を結ぶ線の少し足側になります。
 圧迫の方法は、2本指(中指と薬指)で押します。
 圧迫の強さ(深さ)は、小児と同じく胸の厚みの1/3を目安として、強く、速く、絶え間なく圧迫します。

    

           乳児の胸骨圧迫部位             乳児への胸骨圧迫(心臓マッサージ)

5.人工呼吸

 30回の胸骨圧迫終了後、口対口人工呼吸により息を吹き込みます。

 ● 気道の確保(頭部後屈あご先挙上法)

 傷病者が呼吸をしやすいようにするため、片手を額に当て、もう一方の手の人差指と中指の2本をあご先に当てて、頭を後ろにのけぞらせ、あご先をあげます。



頭部後屈あご先拳上法

 ● 人口呼吸

 気道を確保した状態で、額に当てた手の親指と人差指で傷病者の鼻をつまみ、口を大きくあけて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、息を約1秒かけて吹き込みます。吹き込む量は、胸が軽く膨らむ程度です。
 いったん口を離して、同じ要領でもう1回吹き込みます。
 うまく吹き込めなかった場合でも、吹き込みは2回までとし、すぐに胸骨圧迫(心臓マッサージ)に進みます。



胸が持ち上がるのを確認する

 傷病者が乳児(約12ヶ月まで)の場合は、口対口鼻人工呼吸を行います。傷病者の口と鼻を同時に自分の口で覆います。
 もし、同時に覆えないときは、通常の口対口人工呼吸で行います。

幼児への人口呼吸

6.心肺蘇生法の継続(胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせの継続)

 胸骨圧迫を30回連続して行った後に、人工呼吸を2回行います。
 この胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせ(30:2のサイクル)を、救急隊に引き継ぐまで絶え間なく続けます。
 心肺蘇生法を長時間継続すると疲れるので、救助者が2人以上いる場合は、2分間程度を目安に交代して、絶え間なく心肺蘇生法を続けます。
 傷病者が小児(約1歳以上約8歳未満)または乳児(約12ヶ月まで)の場合も同じです。

 

胸骨圧迫30回と人口呼吸2回を組み合わせる


胸骨圧迫と人口呼吸のポイント!

 胸骨圧迫30回

 胸の真ん中を圧迫
 強く(少なくとも胸が5p沈み込むまで)
 速く(少なくとも1分間に100回のテンポ)
 絶え間なく(30回連続)
 圧迫と圧迫の間は力を抜く(胸から手を離さない)

 人口呼吸2回

 口対口で鼻をつまみながら息を吹き込む
 胸が上がる程度
 1回約1秒間かけて
 2回続けて試みる
 10秒以上かけない


AEDの使用手順

7.AEDの到着と準備

 心肺蘇生法を行っている途中で、AEDが届いたらすぐにAEDを使う準備を始めます。
 AEDは、どの機種も同じ手順で使えるように設計されています。AEDの電源が入ると音声とランプで、実施すべきことを指示してくれますので、落ち着いてそれに従ってください。
 傷病者が小児(約1歳以上約8歳未満)の場合にも、成人と同じくAEDの使用ができます。
 傷病者が乳児(約12ヶ月まで)の場合には、AEDは使用してはいけません。

 AEDを傷病者の頭の横に置いて、ケースから本体を取り出します。
 AEDのふたを開けて、電源ボタンを押します。ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります。
 電源を入れたら、以降は音声とランプに従って操作します。

 

              AEDの置く位置                   AEDの電源を入れる

 電極パッドを貼るために傷病者の衣服を取り除き、胸をはだけます。
 電極パッドの袋を開封し、電極パッドをシールからはがして粘着面を傷病者の胸部にしっかりと貼り付けます。
 機種によっては電極パッドのケーブルをAED本体の差込口に入れるものがあります。

 

               電極パット                   電極パットを貼り付ける位置

8.心電図の解析

 電極パッドを貼り付けると「体に触れないでください」などの音声が流れ、自動的に心電図の解析が始まります。
 このとき、「みなさん、離れて!」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認します。
 一部の機種では、心電図の解析を始めるために、音声に従って解析ボタンを押すことが必要なものがあります。



解析中は音声メッセージに従い離れる

9.電気ショック

 AEDが電気ショックの必要があると判断すると「ショックが必要です」などの音声が流れ、自動的に充電が始まります。充電が完了すると、「ショックボタンを押してください」などの音声が流れ、ショックボタンが点灯し、充電完了の連続音が出ます。
 充電が完了したら、「電気ショックします。みんな離れて!」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認し、ショックボタンを押します。



ショックボタンを押す

10.心肺蘇生法の再開

 電気ショックが完了すると、「ただちに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を開始してください」などの音声が流れますので、これに従って、ただちに胸骨圧迫を再開します。
 胸骨圧迫30回、人工呼吸2回の組み合わせを続けます。



ただちに胸骨圧迫を再開

11.AEDの手順と心肺蘇生法のくりかえし

 心肺蘇生法を再開して2分経過すると、AEDは自動的に心電図の解析を再び行います。音声に従って傷病者から手を離し、周りの人も傷病者から離れます。
 以後は、<8.心電図の解析 9.電気ショック 10.心肺蘇生法の再開>の手順を、約2分間おきにくりかえします。



心肺蘇生法を中止するときは

救急隊に引き継いだとき
 救急隊が到着したら、傷病者の倒れていた状況、実施した応急手当(心肺蘇生法)、AEDによる電気ショックの回数などをできるだけ伝えます。

傷病者が動き出す、うめき声を出す、正常な呼吸が出現した場合
 傷病者には気道確保が必要になるかもしれないため、慎重に観察しながら救急隊を待ちます。AEDの電極パッドは、はがさず電源も入れたままにしておきます。



AEDを使用するときの注意事項

 1歳未満の乳児には使用できません。
 傷病者の胸が汗や水で濡れている場合は、乾いたタオル等でふき取ります。
 ペースメーカー等が埋め込まれている場合は、その場所から3cm程度離して電極パッドを貼ります。
 電極パッドを貼る位置に貼り薬がある場合は、貼り薬をはがして電極パッドを貼ります。
 ネックレスや貴金属がある場合、すぐに取り外せる場合は外します。


参考:「改訂4版 応急手当講習テキスト 救急車がくるまでに」 財団法人救急振興財団



もどるホーム

七尾鹿島消防本部  〒926-0851 石川県七尾市つつじが浜3番地83
TEL 0767-53-0119  FAX 0767-53-3796

Copyright(c) 2010 Nanaokashima Fire Department All Right Reserved.