七尾鹿島消防本部
消防本部消防団防災情報講習・試験案内申請・届出用紙年報・統計

119番通報要領


 119番通報は火事や事故、急病などで消防車や救急車を呼ぶために必要となります。
  いざという時に正確な119番通報ができるよう日頃から手順などを確認しておきましょう。

119番通報について

   

公衆電話からの通報   駆け付け電話からの通報



 

119番通報について

 七尾市及び中能登町からの119番通報は、七尾鹿島消防本部の統制指令室につながります。

統制指令室

 指令室では、通信指令員が24時間体制で119番通報を受信して、管轄する消防署所へ消防車や救急車などの出動指令を行っています。

 救急要請では通報内容から、通信指令員が応急手当の口頭指導を行う場合があります。落ち着いて通信指令員の指導のとおりに応急手当を行ってください。

正しい119番のかけ方

こんな症状を見たら直接119!!

  119番通報から出動までの見てみましょう

少しでも早く出動させるためには、指令員の問いに落ち着いて答えていただくことが大切です!
まず、災害の種別と場所を特定し早く車両を出動させることが重要です!

 指令員 119番消防です。火事ですか?救急ですか? 
通報者 火 事 で す 救 急 で す
指令員 場所はどこですか?
通報者 「○○町の消防太郎という家です」
「○○商店の前」です?」
「○○交差点です」

 
ここでは番地まで必要ありません。住宅なら世帯主名で結構です。    確認のため、となりの世帯主名をお聞きする事があります。

予告指令!

火災、救急の予告が指令され隊員は行動を始めています!

指令員 何が燃えていますか? 誰がどうしましたか?
通報者 「家が燃えています」

「○○宅裏の枯草が燃え広がっています」

「車から火が出ています」
             など・・・
「おじいちゃんが急に倒れて意識がない」

「車同士の交通事故で怪我人がいます」など

 事故の場合
 怪我人の数や救助工作車(レスキュー隊が必要かを確認します。

出動指令!
指令書(地図)が瞬時にプリントアウトされ各隊が出動します!


上へもどる


各車両は出動しましたが・・・

重要なのはここからです!

まだまだ指令員の質問は続きます!


火災の場合 救急の場合
何がどのように燃えているのか?

建物のどのあたりで煙又は火が見えるのか?

延焼危険があるか?

燃えている家は何人住んでいますか?
傷病者の年齢、性別

詳細な発生状況
現在の状態や傷病者の主訴(どこが苦しいかなどの訴え)

病歴やかかりつけの病院

負傷箇所や出血の有無

    など色々な事を聞きます!


火災の場合では通報内容によって必要と判断できれば出動車両を増や すこともあります!


救急の場合では通報が長くなっても通報内容は別の指令員から救急隊へ連絡されます。救急車にはたくさんの資機材があります。
通報内容から資機材が必要か判断し、現場到着してから素早く有効な処置ができるよう出動中の車内で準備します。


 

口頭指導って何?

指令員が通報者に対して口頭で必要な応急処置を指導することです!

特に心肺停止状態では必ず通報者や周りに居合わせた人に胸骨圧迫(心臓マッサージ)を口頭指導します。

 
心肺停止状態の傷病者は救急隊が到着するまで何もしないでいると命は救えません!

実際に命が救われた例も増えています!

心肺停止の判断は脈の有無は問いません!
呼吸の有無で判断しますが「呼吸があるのかどうか分からない」ときは「呼吸無し」と判断します!


電話は救急隊が到着するまでつながったままでも結構ですし、切ってからでも様態が変化した場合は再度119番通報をして、分からない事は指令員におたずねください!

その他、一度電話は切った後でも指令員から又は出動中の救急隊員から通報者に電話をかけて容態の変化がないか確認することもあります。

 


 

上へもどる

 

消防本部からのお願い

携帯電話からの通報は他の消防本部につながることがあります!

七尾鹿島管内で通報しても隣接する消防本部(輪島、羽咋、氷見など)につながってしまった場合は転送されますので指令員の指示どおりに電話を切らずにお待ちください!

携帯電話は小さいお子さんに触らせないようお願いします!

偶然にも119番を押してしまう事があります!特にまだ話せない小さなお子さんが電話をつなげたまま何も言わないと携帯電話会社に契約者情報を照会してもらうことになります!

119番通報に「非通知」は通用しません!

「非通知設定」や「184」は119番通報には通用しません!
119番通報は緊急を要する場合の回線のため、非通知設定されていても固定電話なら「どの家から」かかっているのか分かります!携帯電話でも「発信者番号」が分かります!

119番で「火事はどこ?」はやめてください!

119番は緊急回線です!
119番ではこのような問い合わせには答えません!
本当に緊急車両が必要な方がつながらなくなりますので絶対にやめてください!

災害情報は・・・・

53−4999 で確認できます!

 

 

上へもどる





公衆電話からの通報

 公衆電話からの119番通報は無料です。硬貨やテレホンカードなしでも119番通報をすることができます。通報の手順は以下の通りです。

公衆電話からの通報

デジタル公衆電話

 受話器を上げ、119番をダイヤルするとつながります。
 (10円や100円玉、カードを入れて119番をダイヤルしても通話は可能です。)


緊急通報ボタン付公衆電話

 受話器を上げてから、緊急用通報ボタンを押し、119番をダイヤルするとつながります。


ピンク電話

 店の人に申し出て鍵を使用してから119番をダイヤルするとつながります。


公衆電話の種類



上へもどる





 

駆け付け電話からの通報

 消防署や分署、分遣所では火災や救急などの出動中に、一時的に無人の状態となることがあります。

 その様な際に、他の災害で消防署所へ駆けつけた方でも通報ができるように、駆け付け電話が各消防署、分署、分遣所に設置されています。

 この電話は、受話器を上げるだけで統制指令室の通信指令員につながります。


駆け付け電話(七尾消防署)     駆け付け電話(七尾消防署)
七尾消防署玄関に設置の駆け付け電話


駆け付け電話(中能登消防署)  駆け付け電話(中能登消防署)  駆け付け電話(中能登消防署)
中能登消防署玄関に設置の駆け付け電話


※各分署、分遣所の玄関にも同様の駆け付け電話が設置されています。



上へもどる




もどるホーム

七尾鹿島消防本部  〒926-0851 石川県七尾市つつじが浜3番地83
TEL 0767-53-0119  FAX 0767-53-3796

Copyright(c) 2010 Nanaokashima Fire Department All Right Reserved.